ティーラの唄 丸口グラス

■アイテム説明

沖縄では方言で「太陽」のことを「ティーラ」と呼びます。
昔の沖縄では、オバーが燦々(さんさん)と降り注ぐ太陽の下で陽気に口笛や歌を歌いながら頭のたらいに魚を乗せ、その周りにはその新鮮なお魚目当てに近所の人たちが集まって来たものです。
形は変われど今なお残る沖縄独特の陽気な雰囲気をひとつの作品に表したのが「ティーラの唄」という作品です。
この作品は複雑な色合いが随所に施され、匠の技が垣間見える作品となっています。

ティーラの唄丸口グラス

ペアグラス


こちらの商品は女性への「ギフト」として大人気です。

琉球ガラスギフト


1つ1つ手作り商品の為、写真と若干の違いが生じます。ご了承下さい。

ギフトラッピングをご希望の方はこちらから!!

■ 商品詳細

高さ:約 10.2cm
幅:約 7.8cm
口径:約 6.8cm
販売価格
3,300円(税300円)
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています